ゴミ収集車に360度ドライブレコーダーが搭載されました

セイブクリーンのゴミ収集運搬委託車輛に、運転中の映像を記録するドライブレコーダーが搭載されました。
前後左右に4台取りつけ、360度の視界を車内で確認することが出来ます。

収集作業時の事故やゴミ出しトラブルの対策として、現場の状況を「見える化」し運転手・助手が安心して働ける環境づくりが目的です。

またプラスアルファの活用法として、記録した映像を警察の交通事故・犯罪の捜査に情報として提供を予定しています。
ライブレコーダーを搭載したゴミ収集車輛が、街の中を動き回る防犯カメラの役割を果たすことで、地域の方の安心感・信頼感に繋がると考えています。

収集車に乗車して作業する全員が、安全な街づくりを担い、そして街の頼れる存在となります。
私達はこれからも、この信頼に報いる安全で確実な作業に努めていきます。

関連記事一覧

  1. 2019年4月13日 カントリーパークリレーマラソン フィニッシュ
  2. 西合志中学校に車庫の寄贈
  3. ごみ収集の様子を見学
PAGE TOP
Top